東京卍リベンジャーズで東京卍會は総長・副総長の下に5人の隊長、その下に5人の副隊長がいる暴走族。
隊長・副隊長はいろいろなエピソードで登場することが多いですが、登場が少ない隊長・副隊長もいますよね。
またタケミチがタイムリープする中で、この隊長・副隊長は若干変化を見せています。

今回は東京卍リベンジャーズの東京卍會の総長・副隊長・隊長・副隊長などメンバーを紹介します。

Sponsored Links

東京卍會の隊長・副隊長などメンバー一覧

総長:マイキー = 佐野万次郎

東京卍會をまとめ上げるカリスマ性と無類の喧嘩の強さを誇る。
その強さは敵無しで、小5ですでに高校生の暴走族の総長に勝つほど強かった。
異名は無敵のマイキー。

普段は子供のような振る舞いをみせる。

喧嘩賭博で清正に立ち向かう武道を気に入り、タケミっちと呼び、行動を共にするようになる。
オレが不良の時代を創ってやるという信念を元に東京卍會の総長となる。


2017年ヒナを死に追いやった東京卍會のトップ。
元々タケミチはマイキーと稀咲鉄太の出会いを防ぐためにタイムリープしていた。

副総長:ドラケン = 龍宮寺堅

マイキーの相棒。
辮髪の髪とこめかみにある刺青が特徴。

マイキーとは小5のときに出会った。
ドラケンも恐れる中学生の鮫山をマイキーは一撃で倒し、それからマイキーと友達になる。


現代では2005年の8.3抗争で刺殺されている。
この出来事がマイキーが変わるきっかけとなる。

元壱番隊隊長 場地圭介

マイキーの幼馴染。
東京卍會の創設メンバー。

普段は破天荒で何を考えているかわからない性格をしている。

東卍の集会で、突如芭流覇羅への入隊を宣言。

タケミチはマイキーから場地を東卍に連れ戻すという特命を受けていた。
しかし場地が芭流覇羅に入隊したのは稀咲の尻尾をつかむためだった。


血のハロウィンでは稀咲を狙うが、場地に裏切られた思い込んだ一虎に刺されてしまう。

その後

一虎が場地を刺したことを負い目を感じないように
マイキーが一虎を殺さないように

自身で腹部を刺す。

そしてタケミチには東卍とマイキーを託して、最後に「ペヤング半分コな」という言葉を千冬に残して、息絶えていった。

壱番隊隊長 花垣武道 = タケミっち

現在25歳。
高校卒業後からさえない人生を送っていた。
ある日死にかけたことにより、2017年から2005年にタイムリープ。

2017年東京卍會に殺されたヒナを救うためにタイムスリップして、何度も過去を変えていく。
6回目のタイムリープ後の血のハロウィンでは場地に東卍を託され、壱番隊隊長となった。


しかし何度未来を変えてもヒナが死ぬ運命を変えることができず、タケミチが過去を変えた後に稀咲がさらに変えているのでは?
と思うようになる。
そして8回目の現代で稀咲に直人が殺されたことで、未来にタイムリープできなくなる。

現在は東卍の総長代理として、天竺と戦っている。

壱番隊副隊長 松野千冬

場地とは中学からの付き合いで心から慕っている。
タケミチがタイムリープをしていることを知る唯一の人物で最大の理解者。

芭流覇羅に入隊するために場地から踏み絵として執拗に殴られようとその場地への尊敬は変わらなかった。
そして場地の狙いが稀咲にあることを察していた。


血のハロウィンでは場地への特別な思いから殴ることができなかった。
場地の死で欠員となった壱番隊隊長にタケミチを押す。

弐番隊 三ツ谷隆

東京卍會の創設メンバー。
母子家庭で二人の妹の世話をしている。

高校では手芸部の部長。
当初はメンバーの特攻服の仕立てを担当していた。

ドラケンとは長い付き合いでこめかみにはドラケンと同じ龍の刺青がある。


東卍でタケミチが初めて入隊した隊。
8.3抗争ではぺーやんがドラケンを狙っていることをいち早く察知。
狙われたドラケンに加勢しにいき、愛美愛主と戦った。

弐番隊副隊長 柴八戒

黒龍十代目総長柴大寿の弟。
大寿に一方的に殴られるタケミチを助けるために東卍を抜け、黒龍に入隊。

過去には兄の大寿を殺害していた。
しかしこの未来はタケミチによって、阻止された。


聖夜決戦では実は大樹が柚葉を守っていたのではなく、柚葉が大樹を守っていたと自身で打ち明けた。
その後タケミチの姿を見て、大樹に逆らうことを決意。
敗色濃厚となるが、マイキーとドラケンの参戦で黒龍に勝利した。

天竺との決戦では天竺四天王と激突!

参番隊隊長 林田春樹 = パーちん

東卍きっての武道派。
気性が荒いのが特徴。

愛美愛主総長長内にパーチンの親友と家族がひどい目に合わせされたことをきっかけに抗争となる。

パーちんは総長の長内とタイマンとなるもかなわず。
その後マイキーが長内を一撃で倒して、抗争は一瞬で終わるが、長内をナイフで刺して、パーちんは自首。

元参番隊隊長 稀咲鉄太

元愛美愛主の幹部。
タケミチの宿敵。

東京卍會を犯罪組織にして、マイキーを闇堕ちさせた張本人。
またヒナ・エマ・あっくんなど未来で東卍に関わる人物の命を奪っている。

過去に

ドラケン殺害計画
羽宮に場地を殺害させ、マイキーに羽宮を殺害させる
柚葉に大寿を殺害させる
など

数多くの暗躍。
また現代でも直人・千冬などを殺害し、東京卍會を牛耳っている。

タケミチは自分と同じく稀咲もタイムリープができるのでは?
と推測している。


東卍では愛美愛主をまとめていた腕を買われ、突如参番隊隊長に就任。

聖夜決戦でけしかけて裏切ったことがマイキーの耳にも入り、東卍を追放された。
現在は天竺の総参謀として、イザナに協力している。

参番隊副隊長 林良平 = ぺーやん

パーちんの相棒のような存在。

8月3日夏祭りの日、半間に唆されてパーちんをドラケンが見捨てたと思い込み、愛美愛主と組んでドラケンを狙った。
その後ドラケンはキヨマサに刺されてしまうが、一命はとりとめる。

ぺーやんはドラケンが毎日ぱーちんに面会に行ってたと聞き、自分のしたことを後悔。
その後は和解して、東卍に戻った。

天竺との抗争では魁戦で斑目を一発で倒す。
そしてイザナと対峙するが、蹴り一発で沈められてしまった。

肆番隊隊長 河田ナホヤ = スマイリー

アングリーとは双子で兄。

目立った登場は天竺との戦いから。

天竺が渋谷に乗り込んできた後に天竺のアジトにタケミチ・アングリー・千冬たちと一緒に乗り込んだ。
鶴蝶とタイマンになり、見事勝利(鶴蝶は本気じゃなかったようですが)。

しかし抗争前日に襲われ、意識不明の重体となり、抗争には参加できなかった。

肆番隊副隊長 河田ソウヤ = アングリー

スマイリーとは双子で弟。

泣くとリミッターが外れて、鬼が出る。
過去にスマイリーが中学生数十人にやられていたときに泣いて、全員返り討ちにした。
それからスマイリーから泣くのを厳禁されていた。

目立った登場は天竺との戦いから。

天竺が渋谷に乗り込んできた後に逆に天竺のアジトにタケミチ・アングリー・千冬たちと一緒に乗り込んだ。


天竺との抗争では八戒と一緒に灰谷兄弟と戦う。
アングリーは右腕と左脚を折られてしまう。

涙を流したアングリーは灰谷兄弟を一撃で仕留る。
そしてモッチー・ムーチョと鶴蝶を除く四天王を一撃で全員倒した。

しかしその後現れた鶴蝶に一撃で倒されてしまう。

元伍番隊隊長 武藤泰宏 = ムーチョ

東卍で唯一内輪モメを許された部隊。

S62世代の一人。
東卍を裏切り、現在は天竺の幹部を務める。


ムーチョはココを引き入れるために、ハナミチ・イヌピーを拘束。
ココは二人を助けるために天竺に行くことを決めた。

東卍と天竺との決戦ではアングリーに向かっていくが、返り討ちにされた。
その後刃物を持ち出すが、鶴蝶に止められた。

元陸番隊隊長 半間修二

元愛美愛主総長代理
元芭流覇羅初代副総長

稀咲の相棒のような存在。
喧嘩の強さはドラケンと五分。

血のハロウィン後は芭流覇羅は東卍の傘下に入った。


聖夜決戦後に参番隊を除隊された稀咲らと共に天竺に入隊。
エマを稀咲が狙ったときにバイクを運転していた。

現在東卍との抗争では、まだ登場していない。


さいごに

今回は東京卍リベンジャーズに登場する東京卍會の隊長・副隊長などメンバーを紹介しました。
東京卍會の中で隊長・副隊長は抗争やタケミチが過去を変えたことで入れ替えがありましたね。

もしタケミチがタイムリープしていなかったら
副総長はドラケンから稀咲に変わり
タケミチは壱番隊隊長になることもなかったわけですから。

タケミチはもう一度タイムリープできるのか?
それ次第でまた東京卍會の隊長・副隊長に若干変化はあるかもしれませんね。

ただ直人がいなくなった今可能性としては低いかもしれませんが。

Sponsored Links