東京卍リベンジャーズ第172話でイザナの過去が明かされました。
幼少期いろいろなことを教えてくれた兄の真一郎のことをイザナは慕っていた。

そして黒龍を作り、イザナとマイキーに継がせたいという真一郎だったが、イザナはマイキーを否定。

その後真一郎は一虎によって、殺害されたことで空っぽになってしまうイザナ。
イザナは万次郎が全てを奪ったと言い、そのマイキーから全てを奪い、殺そうとする。

今回は東京卍リベンジャーズのネタバレ!第173話「The one and only」をお届けします。

Sponsored Links

▼東京卍リベンジャーズ 第172話

⇒東京卍リベンジャーズネタバレ!第172話 Lose your touch

東京リベンジャーネタバレ!第173話「The one and only」

マイキーを圧倒するイザナの強さ

過去にマイキーは真一郎にもう一人兄がいたら、どうする?
と尋ねられたことがありました。

真一郎から言われたことを考えるマイキー・・・。


マイキーとイザナの一騎打ちはイザナが優勢。
イザナの拳を受けてしまうマイキー!

その化物じみた強さにマイキーを心配する東卍のメンバー。

イザナはマイキーの強さはこんなもんかと殴りながら、煽っていく。


あまりの一方的な展開にタケミっちは手を抜いてるんじゃないかと感じるほど。
しかしドラケン曰く今のマイキーは全力。

マイキーを圧倒するほどイザナの強さは本物だった。

イザナの強さの源は孤独?

天竺では半間はイザナの強さに喜びを露わにする。
稀咲は自分の考えたシナリオ通りに進んでいないため、浮かない顔をしている。

その稀咲にカクチョーは

「孤独がイザナの強さ」

と声をかける。


過去イザナは集団に襲われたことがあった。
しかしその後一人一人に報復して、再起不能にしていった。

最後にリーダーと対峙したイザナは集団のリーダーを叩きのめした。
そして生きている限り、仲間・家族などを関わる人間すべてを再起不能してるやると言い放ったイザナ。

追い詰められたリーダーは、首をつって自殺してしまった・・・。


その話を聞き、稀咲は恐怖を抱いていた。

ふつうはケンカで人を殺そうとは思わない。
しかし他人に興味がないイザナにはそのリミットが欠落している。

Sponsored Links

そのためその拳は人を殺す拳を貸していた。


マイキーはイザナの拳を喰らい吹っ飛ばされる。
イザナはマイキーの実力はこんなもんか!?
と嘲笑っている。

本当に殺してしまう・・・と焦るタケミっち。


他人に興味がない・・・

とつぶやきながら、強烈な上段蹴りを放つマイキーだがこれもイザナに防御されている。

続けてマイキーはイザナのために戦った仲間にも興味がないのかと問う。

天竺にあるのは恐怖と利害。
イザナが恐ろしいから戦っていると東卍をママゴト呼ばわりする。
友情や信頼なんて幻想とマイキーに伝える。

マイキーのイザナへの想い

ここでタケミっちはイザナのある異変に気付く。
先ほどまで一方的にマイキーを追い詰めていたイザナだったが、動きに精彩を欠いてきている。

イザナの手足はマイキーの蹴りを防御した影響で、すでにボロボロになっていた。


マイキーはなぜ自分が孤独だと決めつけると言う。
真一郎やエマが亡くなり、マイキーも自分と同じ孤独だというイザナ。

イザナは蹴りを放つも今度はマイキーが防御した。


「ちがうよイザナ。オマエにはまだ弟がいて、オレには兄がいる」


その言葉に動揺するイザナ。

過去に真一郎がもう一人兄がいたら、どうする?
という質問をされたマイキーは、その真一郎の言う兄がイザナだったことに気づく。

その質問に対してマイキーは

「きっと好きになる」

と答えた。
そのマイキーの答えに笑う真一郎。


そしてマイキーはイザナを救いたいと伝えた。

さいごに

今回は東京卍リベンジャーズの第173話「The one and only」のネタバレをお送りしました。
イザナ相手に防戦一方になるマイキーでしたが、実はマイキーの蹴りを防御していたイザナの手足もダメージを受けていました。

マイキーとイザナの対決はいよいよ最終局面を迎えようとしています。
二人の戦いが東卍と天竺の勝敗にそのまま直結することでしょう。

ただイザナを救いたいという言葉はよく出てきましたね。

タケミっちは過去を変えて、未来を変えることができますが、すでに経過してしまった過去に戻ることはできない。
そのためエマが亡くなったという事実は変わりません。

イザナはエマを殺してしまったことをマイキーとの戦い後に後悔しそうですね。

⇒東京卍リベンジャーズネタバレ!第174話 Nothing is left

Sponsored Links