鬼滅の刃で無惨を倒す鍵となるであろう日の呼吸の十三の型。
炭治郎が知っているのはヒノカミ神楽の十二の型まで。

日の呼吸の十三の型の正体とは何なのでしょうか?

今回は日の呼吸の十三の型について迫ってみたいと思います。

Sponsored Links

日の呼吸の型は全部で十三個?

炭治郎が炭十郎から継承していたヒノカミ神楽。
後に日の呼吸として、技を繰り出していく炭治郎だったが、炭治郎が継承した型は十二個。

無限城の戦いの最中に届いた煉獄千寿郎の手紙から日の呼吸の型は十三個まであることが明らかになります。


炭治郎は自身のことを

選ばれた者ではない
受け継ぐことができなかった者

とみています。


この時点では炭治郎は十三個目の型が自身に継承されなかった。
と考えていたように感じますね。


縁壱が無惨を追い詰めたのは十三個目の型?

無惨と対峙した縁壱。
日の呼吸の型を使いこなす縁壱は無惨と出会ったときに新しい剣技の型が完成したと言っています。

そしてその瞬間、無惨の体がバラバラに!




十二の呼吸の型を使いこなし、十三個目の型を生み出した。
そして無惨を追い詰めた!
という可能性が高いと思われます。


Sponsored Links

日の呼吸の十三個目の型の正体とは?

炭治郎は縁壱と炭吉の過去から日の呼吸を使う縁壱の剣技を見ることができた。
それにより炭治郎は自身の無駄な動きに気づくことができるようになる。

炭治郎が炭十郎からヒノカミ神楽として、継承された十二の型。
縁壱が炭吉にみせた方の数も十二個。


円舞と炎舞という同じ音の技の名前
正しい呼吸ができれば、ずっと舞えるという炭十郎の言葉
無惨の体の構造



これらから炭治郎は日の呼吸の十三個目の型は十二の型を繰り返すことで完成するという答えに達した。

日の呼吸の十二の型は円舞と炎舞でつながる。

炭治郎は夜明けまで無惨を開いてに日の呼吸の十二の型を繰り出し続けることを決意する!


無惨の圧倒的な攻撃の前に徐々に押されていく炭治郎だったが、珠世の老化させる薬の効果もあって、なんとか十二の型を繰り出すことができた。

炭治郎は日の呼吸の十二の型を

もっと早く
もっと正確に

夜明けまで繰り返す無惨に放っていく。
日の呼吸の十三の型を繰り出すために!


さいごに

炭治郎が無惨を倒すのに使おうとしている日の呼吸の十三の型。
これは以前縁壱が無惨を追い詰めた際に使った技と一緒なのでしょうか?

縁壱は無惨との戦いで日の呼吸の十二の型を繰り返して、攻撃していたわけではないような気もしますが。
ただそれはなんとでもなりますかね笑


おそらく炭治郎はこの十三個目の型で無惨に最後の攻撃を仕掛けると思われます。
日の呼吸の十三個目の型。

どんな技なのか楽しみですね。

Sponsored Links