鬼滅の刃で十二鬼月の上弦の陸である堕姫・妓夫太郎と戦い、負傷した宇髄天元は音柱を引退しました。
引退後の現在はどうしているのでしょうか?
宇髄天元は引退後、何度か作中に登場しています。

今回はその宇髄天元の音柱の引退後の現在を追ってみました!

Sponsored Links

宇髄天元が柱を引退?

宇髄天元は吉原遊郭で十二鬼月の上弦の陸である堕姫・妓夫太郎と激しい戦闘を繰り広げる。
その戦いの中で上弦の陸である堕姫・妓夫太郎を仕留める!

しかし激しい戦いの中で宇髄天元は

左腕を斬り落とされる
左目を斬られる

という重傷を負ってしまう。


さらに宇髄天元は毒におかされ、瀕死の状態に・・・

しかし毒は禰豆子の血鬼術で消えて、なんとか一命は取り留めた。


その後現れたのは蛇柱・伊黒小芭内!
ネチネチと文句を言う伊黒に対して、宇髄天元は引退を伝える。

炭治郎たち若い世代に託して。

⇒伊黒小芭内の過去とは?包帯は蛇鬼が関係していた


宇髄天元が柱引退後は?

宇髄天元は音柱は引退しましたが、鬼殺隊としての任務は続けているようです。
引退後に登場したのが、柱が直々に稽古を付ける柱稽古!

柱稽古では宇髄天元は基礎体力を担当していました。


上弦の陸である堕姫・妓夫太郎との戦いを通して、宇髄天元にはすっかり認められたようですね。
宇髄天元も心なしかうれしそう。
三人の嫁とも仲良くなっていましたね

Sponsored Links

⇒宇髄天元の嫁の三人の名前は須磨・まきを・雛鶴?


今だ遺恨が残っているのは風柱の不死川実弥と蛇柱の伊黒小芭内くらいですからね。


宇髄天元の現在

鬼舞辻無惨を倒すために自身を囮にした産屋敷耀哉は自爆。

その後産屋敷耀哉に代わり、産屋敷家の当主となった産屋敷輝利哉を護衛するために宇髄天元は現れました。

宇髄天元のそばには煉獄槇寿郎の姿も!

⇒煉獄杏寿郎・千寿郎の兄弟と父親の槇寿郎との関係


現在のところ、産屋敷輝利哉の元に鬼は現れていません。
以後どうなるかは読めませんね。

鬼が来る可能性は十分あります。
ただ上弦の鬼と戦い命を奪われた柱もいますが、上弦の鬼はすでに全滅。

⇒十二鬼月の上弦と下弦のメンバーの名前一覧


宇髄天元と煉獄槇寿郎に勝てる鬼が出てくるとは思えませんね。


さいごに

鬼滅の刃で音柱を引退した宇髄天元は現在は無限城で戦うメンバーの指揮をする産屋敷輝利哉を守護しています。
その他に引退後の姿は柱稽古の時に出てきました。

現在は音柱として第一線は退いたものの、鬼殺隊の任務自体はやっているようですね。


今後の登場の機会はあると思うので、どのような形で登場してくるのか期待しましょう!

Sponsored Links