鬼滅の刃で宇髄天元の過去が明かされたのは上弦の陸・妓夫太郎・ 堕姫との戦いの時。
元忍だということは判明していましたが、宇髄天元のエピソードの詳細がその後登場します。

今回は宇髄天元の過去と弟やお館様との関係もみていきましょう!

Sponsored Links

宇髄天元の過去は元忍の一族?

宇髄天元の一族は元忍の家系。
口癖は派手。

堕姫の忍なんて、江戸の頃に滅んでる!
という言葉にあるように忍自体の数も少なくなっているのかもしれません。
その中でも宇髄天元の一族は衰退の危機に直面していたようです。

宇髄天元の一族は姉弟は全員で九人。
その中で十五歳までに七人が息絶えた。
残ったのは宇髄天元と弟のみ。


父親は一族の衰退の焦りから宇髄天元と弟に過酷な訓練を施していた。
しかし宇髄天元は忍から離脱。
鬼殺隊の一員となります。


ただ忍時代の訓練は宇髄天元の基本となっているのか

隠密に鬼を探る
俊敏性
毒の耐性
など

元忍を彷彿とさせるものを数多くみせています。


宇髄天元と弟との関係は?

全員で九人いた姉弟の中で生き残った宇髄天元と弟。
弟は二つ下。

姉弟の中で厳しい訓練を課していた父親の影響を受けていた弟。
その弟は思考や言動がまるで父親の複写のようになっていっていた。

部下はただ駒の一つ
妻は跡継ぎのためだけに存在
本人の意志は関係なし

Sponsored Links

というような人物像だったようですね。
宇髄天元は弟のように父親の複写になりたくなかったというのが忍を辞めた理由。


今が派手派手なのも忍・父親・弟への反発からなのかもしれませんね。

この弟が現在生きているのか?

それは不明です。

十二鬼月の上弦の鬼として登場!
宇髄天元と戦う!

という展開などもいいかもしれませんが、すでに宇髄天元は柱を引退。
そして仲間が鬼で登場するパターンは使ってしまっていますからね。
善逸の兄弟子の獪岳が上弦の陸として現れました。

もう宇髄天元の過去の深堀はないかもしれませんね。

⇒宇髄天元の音柱引退後の現在


宇髄天元とお館様との関係

柱のメンバーは個性的なメンバーだらけ!
宇髄天元もその一人ですが、他の柱のメンバー同様にお館様だけは慕っています。

お館様は宇髄天元の最大の理解者。

⇒お館様(産屋敷耀哉)の一族まとめ!あまねや子供の名前を紹介


宇髄天元は忍や父親の考え方を否定し、忍の世界から足を洗いました。

おそらく忍を抜けた後にお館様と出会ったと思われます。
そのお館様の元で鬼殺隊として生きていくことを選びます。

ちなみに宇髄天元の後には嫁の姿もあるため、くの一だった嫁と一緒に抜けたと考えられます。

⇒宇髄天元の嫁の三人の名前は須磨・まきを・雛鶴?


さいごに

宇髄天元は忍の一族の家系。
過去は忍でしたが、弟のように父親の複写のようになりたくない!
という理由で忍は抜けて、鬼殺隊に入隊します。

三人の嫁やお館様などとの出会いも大きかったんでしょうね。


現在父親や弟がどうしているのかは気になるところですね。

Sponsored Links