鬼滅の刃の上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)は元鬼狩りのため、呼吸を使います。
その呼吸は月の呼吸!!
黒死牟(こくしぼう)は呼吸に加えてさまざまな能力で鬼殺隊を苦しめました。

今回は黒死牟(こくしぼう)の月の呼吸の型と能力についてみていきましょう!

Sponsored Links

黒死牟の月の呼吸

月の呼吸は上弦の壱・黒死牟の使う技。

黒死牟は元鬼狩り。
そのため呼吸を使うことが可能で血鬼術を融合させた技で戦う。
また痣も発現している。

月の呼吸の型の特徴は繰り出した斬撃に月の形をした不規則な小さな刃をまとっていること。
避けたつもりでも不規則で無数にある月の小さな刃をよけることは困難。


黒死牟自身は縁壱の日の呼吸を使うことを望んでいたが、習得することができずに派生の月の呼吸となった。

⇒黒死牟の過去とは?兄弟の継国縁壱との関係


黒死牟の刀

通常時の刀

黒死牟の持つ武器は鬼殺隊と同じく日本刀。
刀に無数の目が付いているのが特徴。

刀自体に再生能力があり、悲鳴嶼行冥に刀を折られても即再生していた。

枝分かれしたの刀

悲鳴嶼行冥と不死川実弥の猛攻を受け、黒死牟が変化させた刀の姿。

刀身が伸びて、三か所から枝分かれしている。
これにより攻撃範囲が大幅に拡大、斬撃の数も大幅に増えた。

月の呼吸の漆ノ型以降はこの刀から放たれた。


黒死牟の能力

透き通る世界

人間の頃には習得していなかった透き通る世界。
鬼となって習得したかと思われる。

透き通る世界で攻撃動作を読まれた悲鳴嶼行冥と不死川実弥は攻撃することができなくなり、防戦一方になった。

⇒透き通る世界とは?柱や炭治郎・炭十郎など入っている人物は?

体から刃を出す

悲鳴嶼行冥と不死川実弥と時任無一郎と不死川玄弥の四人の攻撃で追い詰められた黒死牟。
その黒死牟は体中から無数の刀を出して、斬撃を放った。

この斬撃により、時任無一郎と不死川玄弥は体を真っ二つにされた。


月の呼吸の型

壱ノ型 闇月・宵の宮(やみづきよいのみや)

抜刀して放つ水平斬り。

時透無一郎との戦闘で使用。
この技で時透無一郎は左手首を斬り落とされた。

弐ノ型 珠華ノ弄月(しゅかのろうげつ)

<

斜め上に打ち上げるように放つ三連撃。

悲鳴嶼行冥との戦闘で使用。
直前に刀を悲鳴嶼行冥に折られてしまうが、すぐに再生。
岩の呼吸 肆ノ型 流紋岩・速征と打ち合い、悲鳴嶼行冥の顔に傷をつけた。

参ノ型 厭忌月・銷り(えんきづきつがり)

水平に形の異なる二連撃を放つ技。

不死川実弥との戦闘で使用。
不死川実弥にとどめをさそうと放ったが、悲鳴嶼行冥に防がれた。

伍ノ型 月魄災禍(げっぱくさいか)

刀を振らずに斬撃を放つ技。

不死川実弥との戦闘で使用。
つばぜり合いになった不死川実弥に突如刀を振らずに斬撃を放つも不死川実弥は咄嗟に避けて回避した。

陸ノ型 常世孤月・無間(とこよこげつむけん)

広範囲に渡り、無数の斬撃を放つ技。

不死川実弥との戦闘で使用。
無数の斬撃には細かな月の刃があるため、凄まじい数の斬撃をうけることから回避は困難。
この技で不死川実弥は致命傷を負ってしまった。

漆ノ型 厄鏡・月映え(やっきょうつきばえ)

地を這うように繰り出す広範囲の無数の斬撃。

悲鳴嶼行冥と不死川実弥に対して使用。
黒死牟の技に対して、悲鳴嶼行冥と不死川実弥は避けるのが精いっぱいだった。

捌ノ型 月龍輪尾(げつりゅうりんび)

横薙ぎに放つ一撃。
刀が枝分かれしたことで、さらに広範囲となった。

悲鳴嶼行冥と不死川実弥に対して使用。
不死川実弥はこの技で足を負傷した。

玖ノ型 降り月・連面(くだりづきれんめん)

下から上に無数の斬撃を放ち相手の上空にその斬撃を降らせる技。

悲鳴嶼行冥と不死川実弥に対して使用。
不死川実弥はこの技で背中を負傷した。

拾ノ型 穿面斬・蘿月(せんめんざんらげつ)

鋸のような形状の斬撃を放つ技。

悲鳴嶼行冥と不死川実弥に対して使用。
不死川実弥はこの技で絶体絶命の危機に陥ったが、時任無一郎に助けられた。

拾肆ノ型 兇変・天満繊月(きょうへんてんまんせんげつ)

あたりを覆い尽くすほどの斬撃で回避は困難を極める。

悲鳴嶼行冥と不死川実弥と時任無一郎に対して使用。
一網打尽にするつもりで放った一撃だったが、透き通る世界に入った悲鳴嶼行冥・時任無一郎などに間合いの見切られて間合いの内側に入られてしまった。

拾陸ノ型 月虹・片割れ月(げっこうかたわれづき)

縦方向に放つ斬撃。

悲鳴嶼行冥と不死川実弥に対して使用。
透き通る世界に入り攻撃する黒死牟に防戦一方となる。


さいごに

黒死牟(こくしぼう)の月の呼吸の型の技は強力でかつ技の種類も多く、鬼殺隊のメンバーはかなり苦しめられましたね。
それに加えて血鬼術に透き通る世界と上弦の壱にふさわしい鬼でした。

またもう少しで頸の弱点を克服する鬼に変貌するところでした・・・。


黒死牟に関しては消滅し、伏線もすべて回収しているため、今後登場することはないと思いますが、その強さはかなり印象に残った鬼でしたね。

⇒黒死牟の最後とは?柱たちとの戦闘

Sponsored Links